< 画像の高さ="1" 幅="1" スタイル="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1044528703265904&ev=PageView&noscript=1" />

レーザーチューブカッターの寿命はどのくらいですか?耐用年数について話し合う

02/28/2024

In today’s manufacturing industry, precision and efficiency are crucial. Laser tube cutting machines have become indispensable tools, revolutionizing the way the industry handles pipe and tube cutting tasks. However, one question that users often raise is: “What is the service life of a laser tube cutting machine?”

The service life of a レーザーチューブ切断機 製造品質やメンテナンスから技術の進歩まで、さまざまな要因によって左右されます。包括的な理解のために、このトピックをさらに深く掘り下げてみましょう。

コンポーネントシステムの耐用年数:

レーザー管切断機の耐用年数を測定するには、各コンポーネント システムの寿命を理解する必要があります。レーザー管切断機は、いくつかの主要なシステムに分けられます。

1.レーザーシステム:

  • レーザー光源: レーザー光源は切断機の心臓部です。レーザーの種類 (CO2 レーザーやファイバー レーザーなど) によって耐用年数は異なります。ファイバー レーザーの理論上の耐用年数は約 30,000 時間ですが、CO2 レーザーの耐用年数は約 12,000 時間です。ただし、実際の機械の耐用年数は、お客様の使用方法やメンテナンスによって異なります。
  • 光学システム: これにはレンズ、ミラー、光ファイバーが含まれます。これらはレーザー光線を制御および集束し、正確な切断と加工を行います。レンズの耐用年数は一般的に長いですが、定期的な清掃とメンテナンスが必要です。

2.カッティングヘッド:

  • 切断ヘッドには、レーザー光線を材料に焦点を合わせる光学部品が含まれています。これは、焦点レンズ、保護レンズ、銅ノズルで構成されています。保護レンズと銅ノズル切断ヘッドは消耗品であり、使用中に交換する必要があります。切断精度、品質、速度を維持するために、通常の条件下では 3 か月ごとに交換することをお勧めします。

3.モーションシステム:

  • 空気圧チャック: 空気圧チャックは、チューブ材料を固定してクランプし、切断中の安定性を確保する上で重要な役割を果たします。完全に密閉された構造と優れた材料選択および熱処理プロセスにより、空気圧チャックの耐用年数は 3 年以上になります。
  • 機械部品: リニア ガイド、ボール スクリュー、サーボ モーター、ドライブなどの部品は、チューブ材料の動きをサポートします。堅牢な機械ベッドは重いチューブ材料に耐えることができ、高品質のモーション システムは精度を維持しながら過酷な使用にも耐えることができます。これらの部品の耐用年数は、通常 5 年から 10 年と長くなります。

4.制御システム:

  • コンピュータ コントローラー: 切断プロセス全体を制御するソフトウェア システム。モーション コントロール システム: マシンの動作軌道と速度を制御し、切断の精度と効率を確保します。
  • レーザー出力制御システム: さまざまな材料や厚さの切断要件を満たすためにレーザービームの強度と安定性を制御します。
  • 制御システムはソフトウェアレベルで動作し、ハードウェアのような物理的な寿命はありません。ただし、最高の互換性を実現し、各チューブの切断精度を確保するには、最新の制御システムが必要です。制御システムが長年使用されており、新世代のシステムが市場に出回っている場合、または新しい安全要件や規制要件がある場合は、制御システムの更新が必要になる場合があります。

5.補助システム:

  • 冷却システム: レーザーと光学部品を冷却し、過熱による損傷を防ぐために使用されます。チラーは耐久性があるため、耐用年数は通常 8 ~ 12 年です。
  • 廃棄物処理システム:切断工程中に発生する廃棄物と排気を管理し、清潔な環境と安全な作業を確保します。
  • 安全システム: 保護エンクロージャ、緊急停止ボタン、安全ライトカーテン、およびレーザー放射や機械的危険からオペレータを保護するためのその他の安全装置が含まれます。安全ライトカーテンの寿命は、使用環境、動作温度、周波数、品質などの要因によって異なりますが、通常 100,000 ~ 500,000 時間です。
  • これらのシステムはすべて連携して完全なレーザーチューブ切断機システムを形成し、さまざまな種類のチューブ材料を効率的かつ正確に切断するために使用されます。

耐用年数に影響を与える要因:

1.コンポーネントの品質:

レーザー チューブ切断機の各ブランドで使用されている部品の品質は異なります。高品質の部品で作られた機械は、通常、耐用年数が長く、修理の必要性も少なくなります。耐久性で知られる評判の良いブランドに投資すれば、初期投資額が高くても、長期的な利益を得ることができます。信じてください。レーザー チューブ切断機の修理が頻繁に必要になると、結局はより多くのお金がかかることになります。

2.メンテナンスの実践:

レーザー チューブ切断機の耐用年数を延ばすには、清掃、潤滑、検査などの定期的なメンテナンスが不可欠です。メーカーの推奨事項に従い、機械のマニュアルをよく読み、早期の摩耗や損傷を防ぐメンテナンス プランを作成することが最善です。

3.職場環境:

作業環境はレーザー管切断機の耐用年数に大きく影響します。温度、湿度、ほこり、化学ガスなどの環境要因は、機械部品の劣化や損傷を加速させる可能性があります。適切な換気と環境制御は、機械の状態を維持するのに役立ちます。

4.作業強度:

使用の強度と頻度は、レーザー管切断機の耐用年数を決定する上で重要な役割を果たします。重工業用途では、軽工業のシナリオと比較して摩耗が早くなる可能性があります。多くのブランドがレーザー管切断機は 24 時間連続稼働できると主張していますが、これが達成できるかどうかは、機械の設計と製造品質、動作環境、メンテナンス、管理方法など、いくつかの要因によって異なります。長時間の連続稼働は、機械の摩耗と故障のリスクを高める可能性があります。したがって、機械の耐用年数を延ばすには、24 時間稼働中に休憩とメンテナンスの時間を適切にスケジュールすることをお勧めします。

5. 技術アップデート:

技術の進歩に伴い、新しい技術や改良が絶えず生まれています。レーザー切断機メーカーも製造プロセスを絶えずアップグレードしています。新しいソフトウェアとハードウェアでアップグレードできる機械は、新エネルギー車のOTAアップデートと同様に、バグを修復してエラーを減らすことができるため、耐用年数が長くなります。  

レーザーチューブ切断機の耐用年数を延ばすにはどうすればいいですか?

  1. レーザー切断機を使用する際は、機器への悪影響をできる限り避け、良好な作業環境を確保してください。
  2. 定期的に機器を点検し、良好な状態であることを確認してください。
  3. オリジナルのスペアパーツを使用し、修理やメンテナンスには正規メーカーを選択してください。
  4. 機器を使用する際は定められた操作方法に従ってください。
  5. 消耗部品は機器の使用時間規定に従って交換してください。
  6. 多くの人が見落としがちな最も重要なポイントは、購入時に信頼できる販売者を選択し、時間をかけてテストされた製品を選択することです。

お問い合わせ

ブログ-お問い合わせ

最新カタログを入手してください!

カタログをダウンロード