< 画像の高さ="1" 幅="1" スタイル="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1044528703265904&ev=PageView&noscript=1" />

レーザーチューブ切断機に関する7つのよくある誤解を解明

02/23/2024
レーザーチューブ切断機 レーザー チューブ切断機は、その精度、効率、汎用性により製造業界に革命をもたらしました。しかし、広く使用され、その利点が実証されているにもかかわらず、これらの機械に関する誤解がいくつか残っています。この記事では、レーザー チューブ切断機に関する 7 つのよくある誤解を解明します。

誤解1: レーザーチューブ切断機は薄い材料にしか適していない

真実: レーザー チューブ切断機に関する最も一般的な誤解の 1 つは、薄い材料の切断にしか効果がないというものです。実際、最新のレーザー チューブ切断機は、厚肉のチューブやパイプを含む、さまざまな材料と厚さに対応できます。レーザー技術と機械設計の進歩により、これらの機械はステンレス鋼やアルミニウムから真鍮や銅まで、さまざまな材料で高品質の切断を実現できます。

誤解2: レーザーチューブ切断機は遅い

事実: レーザー切断は、特定の用途ではプラズマ切断などの他の切断方法よりも遅いように見えるかもしれませんが、レーザー管切断機は長年にわたって処理速度を大幅に向上させてきました。レーザー出力、切断ヘッドの設計、および動作制御システムの進歩により、最新のレーザー管切断機は、精度と正確さを維持しながら、優れた切断速度を実現できます。

誤解3: レーザーチューブ切断機の運用コストは高い

現実: レーザー チューブ切断機への初期投資は高額に思えるかもしれませんが、長期的な運用コストは他の切断方法に比べて競争力があります。レーザー チューブ切断機は、効率が高く、材料の無駄が最小限で、セットアップ時間が短縮されるため、全体的な生産コストが低くなります。さらに、レーザー切断技術の汎用性により、メーカーは 1 台のマシンで幅広いプロジェクトを処理できるため、投資収益率が最大化されます。

誤解4: レーザーチューブ切断機はエッジ品質が悪い

真実: よくある誤解の 1 つに、レーザー チューブ切断機で生成されるエッジは粗く、品質が悪いというものがあります。それとは逆に、レーザー切断技術では、熱影響部を最小限に抑えて正確できれいな切断が可能になり、後処理を最小限に抑えた高品質のエッジが得られます。適切な機械の調整と最適化により、メーカーはさまざまな材料で滑らかでバリのないエッジを一貫して実現できます。

誤解5: レーザーチューブ切断機はメンテナンスが難しい

現実: レーザー チューブ切断機は高度な機器ですが、最新のシステムは操作を効率化し、ダウンタイムを最小限に抑えるために、ユーザー フレンドリなインターフェイスと自動メンテナンス機能を備えて設計されています。レンズのクリーニングやアライメント チェックなどの日常的なメンテナンス作業は、通常、訓練を受けたオペレーターが迅速かつ簡単に実行できます。さらに、多くのメーカーが、最適なマシン パフォーマンスと信頼性を確保するために、包括的なサポートおよびサービス パッケージを提供しています。

誤解6: レーザーチューブ切断機は作業者にとって危険である

現実: 安全性はあらゆる製造環境において最も重要であり、レーザー チューブ切断機も例外ではありません。レーザーは適切に制御されないと潜在的な危険を及ぼす可能性がありますが、最新のレーザー切断システムには、保護エンクロージャ、インターロック、安全センサーなど、事故のリスクを最小限に抑える多数の安全機能が組み込まれています。さらに、オペレーターは、安全な操作を確実にするために、レーザーの安全プロトコルとベスト プラクティスに関する広範なトレーニングを受けます。

誤解7: レーザーチューブ切断機は大量生産にしか適していない

現実: レーザー チューブ切断機は大量生産環境に優れていますが、試作、カスタム製作、小ロット製造にも適しています。レーザー チューブ切断機は、セットアップ時間が短く、プログラミング機能が柔軟で、切断速度が速いため、バッチ サイズに関係なく、さまざまな部品やコンポーネントを効率的に製造できる汎用性を製造業者に提供します。

誤解8: レーザーチューブ切断機は形状に制限がある

現実: レーザー チューブ切断機は直線や単純な形状しか切断できないと考える人もいます。しかし、最新のレーザー チューブ切断機には高度な CNC 制御システムと 3D 切断機能が搭載されており、ベベル、マイター、複雑なパターンなど、複雑な形状を作成できます。多軸切断ヘッドと高度なソフトウェアを備えたこれらの機械は、複雑なデザインに正確に追従し、曲面や不規則な表面を非常に正確に切断できます。

誤解9: レーザーチューブ切断機は環境に有害である

真実: レーザー チューブ切断機は、高出力レーザーやアシスト ガスなどの消耗品を使用するため、環境汚染に大きく寄与するという誤解があります。しかし、レーザー切断は、プラズマ切断やウォータージェット切断などの従来の切断方法に比べて、本質的に環境に優しいプロセスです。レーザー切断では、廃棄物が最小限に抑えられ、エネルギー消費量が少なく、有害な排出物も少なくなります。さらに、レーザー技術の進歩により、環境に優しいアシスト ガスやリサイクル システムが開発され、レーザー チューブ切断作業による環境への影響がさらに軽減されています。

誤解10: レーザーチューブ切断機には広範なプログラミング知識が必要

現実: レーザー チューブ切断機の機能を最大限に引き出すにはプログラミング スキルが不可欠ですが、広範なプログラミング知識が常に必要であるという考えは誤解です。多くの最新のレーザー切断システムには、ユーザー フレンドリなインターフェイスと事前にプログラムされた切断パラメータを備えた直感的な CAD/CAM ソフトウェアが搭載されており、オペレーターは最小限のトレーニングで切断プログラムを作成および変更できます。さらに、メーカーは、オペレーターがマシン プログラミングの基礎を習得し、ワークフローを最適化できるように、包括的なトレーニングとサポート リソースを提供することがよくあります。練習と指導により、オペレーターは特定の生産ニーズを満たすレーザー チューブ切断機のプログラミングにすぐに習熟できます。

お問い合わせ

ブログ-お問い合わせ

最新カタログを入手してください!

カタログをダウンロード